この記事の所要時間: 236

画像の説明

車に乗っているとどこかにぶつけてしまったり、また風雨に晒されていたために、ボディが汚くなってしまったりと言う事は有ります。
勿論故障してしまう事もあり、どう見てもボロボロの車になっていると言う事も決して珍しくありません。

一般的に車を買い替える、手放す時には売ると言う形を選ぶ人が増えてきています。
ディーラーに下取りをしてもらう時よりも高く売る事が出来、それによって得たお金を次の車の購入資金の一部にすると言う人もいます。
ただイメージから行くとどうしても綺麗な車しか売れないのではないか、だからボロボロの車は無理なのではないかと思ってしまう人も少なくありません。
また抑々動かない様なボロボロの車の場合、売る事は最初から無理で廃車にするしかないと思い込んでいる人もいます。
しかし実際にはボロボロの車であっても売る事は可能です。

ボロボロの車を高く売る方法

車を作る為には様々な部品が使われており、外見がどれだけボロボロの車であっても、内部はまだ綺麗だと言う事もあります。
その場合は乗用としての利用価値は無くても、部品としては十分使う事が出来ると言う場合もあるのです。
従って、部品として活用する価値がある車であれば、どれだけボロボロの車でも売る事は可能になります。

ただそうしたボロボロの状態になっている車に対して価値を見出すかどうかと言うのは、持って行った買取業者によっても判断が大きく変わって来ます。
その為、実は利用価値がある車でも買取対象には出来ないと言う判断がされてしまう事もあります。
出来るだけ売りたいと思っているのであれば、複数の業者に査定してもらう事が重要です。
またその時はその買取業者自体が、どのような車を良く扱っているかと言う事も予め調べてから査定を依頼するのがポイントとなります。

事故車、廃車専門の業者に査定依頼をしよう

例えば、新車に限りなく近い車や綺麗な車ばかりを扱っている様な所の場合は、残念ながらボロボロの車の場合はその価値を評価してもらう事はなかなか出来ません。
反対にどんな車でも良い、事故車でも買い取りますと言う風にしている業者の場合は、その車の状態がある程度酷かったとしても買取対象となる場合があります。

従って、まずは出来るだけ色々な車を扱っている業者を見つける事が重要です。
ただ複数の業者に査定を依頼する方がよりお得に売る事は出来ますが、依頼した業者が多くなるとその査定結果を上手く比較検討が出来ないと言う事にもなるし、何より業者からの連絡に対応するのも面倒に感じてしまう事もあります。
出来るだけ自分の負担を少なく、さらになるべくお得な値段で売りたいと思ったら、査定を依頼する中古車買取り業者は6〜8社程度までに抑えておく事がポイントです。

そうする事によって、ボロボロの車を売る事が出来るだけでなく、より高い金額で買い取ってもらう事が出来ます。
勿論廃車にする為の費用を払う必要もないので、よりお得に要らなくなった車を手放す事が出来る方法だと言う事も可能です。

【中古車を高く売る際は一括査定をしよう】

オデッセイが24万円を査定額アップ
【年式】2004年
【走行距離】45,000km
【査定時期】2014年10月

上記の例の他にも、様々な査定額アップ事例があります。
数十万円単位で高く売れる事も珍しくはありませんので、中古車の売却を検討している方は試してみる事をオススメします。
無料で、最大8社から一括査定を受ける事が出来ます。

⇒1分で出来る一括査定はコチラ

▼ ▼ ▼ 地元業者から有名業者も参加しています ▼ ▼ ▼ 一括査定の業者1 一括査定の業者2