この記事の所要時間: 236

キャンピングカーの買取相場

キャンピングカーは今までの使われ方で買取相場が大きく変わるだけでなく、そのキャンピングカーがどこで生産されたかによっても需要が異なるため、買取価格にも響いてきます。
最近は国産のキャンピングカーが買取相場を支えている状態です。
これは国産車が故障に強く丈夫であるため、10年使っていたり走行距離が数万キロある状態だったりしても、その需要が高いのが実情です。
一方一度キャンピングカーを購入すると、次の買い替えまでにかなりの時間がかかるのと同時に、キャンピングカーを求める人が通常の中古車市場に比べればかなり限られるため、沢山仕入れてもそれがすぐに捌ける状態というわけにはいきません。
そうした事から、買取相場を低くして付加価値を付けて高く売ろうとする動きがあるのも事実です。

キャンピングカーの買取相場は?

キャブコンバージョンと呼ばれるものは、買取相場に100万円ほどプラスした額が実際の販売価格になると言われています。
走行距離が数万キロ、登録から数年程度のものであれば、だいたい200万円から300万円が買取相場と言えます。
もっと新しく、そして走行距離が1万キロに満たないものであれば、500万円ほどの価格にて推移しています。
一方登録から10年以上経過し、走行距離も10万キロ以上超えるようだと、買取の価格は100万円を切ってくるため、思ったほどの値段にならず、オークションなどで売りに出した方が高く付く場合もあります。
これらはあくまで国産のキャンピングカーの基準という事になり、アメリカ産などになるとまた別の基準、そして需要になります。

キャンピングカーを高く売るためには?

高額の査定になるのは、やはり最新の年式・走行距離がそこまでないものになります。
また新車時から車の持ち主が変わってない車、つまりワンオーナー車の場合も査定の上では高ポイントです。

当然のことながら無事故であり、修理を何もしていない車もポイントは高く、今までタバコなどをその中で吸ってこなかった、いわゆる禁煙車も評価は高まります。
反対に評価を落とす項目としては、一点ものと言われるワンオフ車、長年使ってきた影響でタイヤなどが傷んでいる場合、そして中の設備などが動作不良を起こしている場合などは評価は下がってしまいます。

評価をかなり落とす項目としては事故車であったり、雨漏りの跡、オーナー自らが改造を施していた場合や、日焼けによる劣化、そしてタバコなどで車内にニオイが染みついている場合などは評価がかなり下がってしまいます。
そこに、現状の需要が絡んでくるため、海外のキャンピングカーを長年使い、色々な所を旅行したような場合には、かなり低い評価を覚悟しなければいけません。
ただし国産のキャンピングカーで、綺麗に使い続けてきたものに関しては、強気に出ても大丈夫な状況になっています。

中古車の買取相場にも共通する事ですが、大事に使っているほど高くなり、少々手荒に扱っていたら評価が低くなるという事であり、キャンピングカーにも当てはまるのです。

【中古車を高く売る際は一括査定をしよう】

オデッセイが24万円を査定額アップ
【年式】2004年
【走行距離】45,000km
【査定時期】2014年10月

上記の例の他にも、様々な査定額アップ事例があります。
数十万円単位で高く売れる事も珍しくはありませんので、中古車の売却を検討している方は試してみる事をオススメします。
無料で、最大8社から一括査定を受ける事が出来ます。

⇒1分で出来る一括査定はコチラ

▼ ▼ ▼ 地元業者から有名業者も参加しています ▼ ▼ ▼ 一括査定の業者1 一括査定の業者2