この記事の所要時間: 728

車査定の持ち込みは避けたほうが良い

車を專門の買取業者や買取万尾行ったいる販売店やディーラーなどに売却する時は、必ず査定という売りたい車の買取額を決める作業が行われます。

車を業者に売る時は、この査定を避ける事は出来ません。
査定は買取を依頼した業者の担当者が、実際に売りたい車を見て査定額を算出します。
かかる時間は車の状態や業者の方針などにもよりますが、おおむね10分程度で終わることが多いようです。

査定を受けるには、車の売却を依頼する業者を決めて連絡をした後、査定を行う日取りと時間、場所を指定して待つだけなのです。
この方法は「訪問査定」または「出張査定」と言われているもので、車を業者に売る時の基本的な査定の方法ですが、この査定の他に「持ち込み査定」という方法もあります。

持ち込み査定は文字通り、自分で売りたい車を業者の店頭、または業者が指定する場所に持って行き査定をしてもらう方法です。
持ち込みでの車査定は基本的に避けた方が良いのですが、車を売る目的次第では上手く利用出来る事もあります。

車の持ち込み査定を避けた方が良い理由

車を業者の店頭や指定された場所に自分で持ち込んで査定をするという事は、業者のスタッフが多くいる場所に一人で入るという事を意味します。
今はネットでの口コミなどがあるため強引なことをする業者は少なくなりましたが、車の買取業者にとっては売りに出された車を買い取ることはそのまま利益に繋がるので、売られようとしている車は1台でも多く買取りたいものです。
そのため、時に業者側が強引に買取をしようとして、「売却を断りにくい状況」を意図的に作り出すことがあります。

主な手段は言葉を続けて車を売りに来た人が言葉を発する機会を奪い、何も言えない、何もさせない状況を創りだしてそのまま車を売らないと帰れないような状況を作り出すというものです。
帰ろうとしても言葉で遮るのでとても質の悪い行為ですが、この行為自体は昔からあるもので過去にも高額な絵を売りつける方法として使われている手口です。
一見すると簡単に抜け出せるように見えるかもしれませんが、実験が行われた事もあるようで、この状況に置かれると抜け出すのは想像以上に難しく、意図的にこの状況を作らてしまうと、気づいた時には車を売るという業者側のゴールに誘導されてしまいます。

「業者側」というよりは、成績を上げようとしている「担当者」という方が正しいのかもしれません。
しかし、どちらにせよ車を売ろうとしている人にとっては、車を売る相手を選択するという車を売ろうとしている人の最大の武器となるものを使えなくなるため、不利な状況におかれてしまう場合があります。

今ではこのような悪質とも言える行為をするとネットに書き込まれてしまうので、業者側も従業員の教育などの対応をしていますが、口コミの中には少数ですがこのような行為が行われたというものも見られることがあります。
また、車を売る時は複数の業者に査定を依頼して業者間の査定額を比べるのが高く売るためには必要なため、自分で車を業者の店頭に運転して持ち込み、査定を受けるのは手間もかかりガソリン代もかかるために効率的ではありません。

高く売る、売却に関して余計な費用をかけない、車を売る相手の選択肢を多くするという意味で、持ち込み査定は車を売る時には出来るだけ避けた方が無難ですが、車を売る目的によっては上手く利用することでメリットも生まれます。

持ち込み査定で得られるメリット

持ち込み査定で得られるメリットの1つに、使い方によっては高額買取が期待出来る可能性があります。
このメリットが得られる条件は、車を売って次の車を中古車で買おうという場合に限られます。

車の買取業者は、中古車の販売もしている業者も多く存在します。
店頭に中古車が並んでいなくても販売はしている事があり、車を売却した業者で次の車を購入すると査定額のアップや購入する車の割引、購入後の整備や代車の無料化などの特典が付くことがあります。

この特典は出張査定でも受けられますが、持ち込み査定の場合は査定が終わるのを待っている間に、希望する車を探す事が可能です。
出張査定でもこれは可能ですが、持ち込み査定の場合はその場でその時の情報を業者から得られるので、欲しい車を見つけやすくなります。

もう一つのメリットは、業者によっては持ち込み査定自体に特典を付けている場合がある事です。
期間限定である場合もありますが、一定額の査定額への上乗せなどの特典を得られることがあります。

また、査定中に売りたい車の相場価格などを直接業者から聞き出す事も出来るので、売りたい車の今の情報を得る事も可能です。
売りたい車の情報は相場価格などがネット検索で得られるのですが、車種によってはネット検索をしても相場価格が出てこないももが多くあります。

また、ネット上の相場情報は最新のものでも1週間程度前のものです。
中古車の価格を左右する情報なので、車の場合は最新の相場情報自体に大きな価値があるため、車の相場情報を得るにはお金を出して購入するような形になっています。
そのため、一般の人は基本的に最新の車の相場価格を知ることができないのですが、店頭で直接聞くことで相場情報を得る事も出来ます。
最近では相場情報を表示した端末を見せてくれる業者もあるので、より正確な相場情報を引き出すことも可能です。

以上が持ち込み査定で得られるメリットとして考えられるものですが、これら全てが無条件にメリットとなるかと言えば難しい所です。

メリットはあるにはあるが損する事が多い

持ち込み査定のメリットはあるにはありますが、大きなメリットかと言えばそうとも言えない事の方が多く、出張査定と持ち込み査定で得られるメリットの差はほとんどありません。
また、車を高く売るという目的を掲げる場合は持ち込みにかかる車の移動時間、ガソリン代という時間の出費とお金の出費が避けられません。
また、移動中も車の買取価格に影響する走行距離の増加や、移動中の事故のリスクもあるために、持ち込み査定を選択するのは車の売り方としてはあまりオススメ出来るものではありません。

たとえ特典として査定額の上乗せがあるにしても、持ち込み査定は車の売却では基本となる複数業者での査定をいう事が行いにくいためオススメしません。
結果として上乗せ額があったとしても他の業者であれば、上乗せ額を超える査定が出る可能性を潰してしまう事になるため、高く売るという目的を達成す用と思うのなら向いている車の売り方とは言えません。

持ちかも査定で得られるメリット自体があまり意味が無いものが多いので、基本的には持ち込み査定での車の売却は避けた方が車を高く売る事に繋がります。

「行きつけ」があれば話が変わることもある

もし、自分がいつも利用している車の販売店があるのなら、持ち込み査定で他の車買取業者よりも有利になる事もあります。
いつも利用している業者が買取をしているのであれば、持ち込み査定が交渉に有利になる場合もあるので、いつも利用している業者があれば持ち込んでみるのも良いかもしれません。

持ち込みをする業者は少なくしよう

持ち込み査定を選ぶにしても、車を運転して自分で業者の店頭へ持っていくのでそれなりの経費がかかります。
車を公道で走らせること自体にも事故というリスクが付き纏うので、持ち込み査定を視野に入れるにしても持ち込む業者は出来る限り少なくしないと、経費とリスクの負担が大きくなり過ぎて車を売っても経費分がマイナスになってしまいます。

持ち込み査定をする場合は、出来るだけ近場の業者で持ち込む業者も少なくした方が、結果的に車の売却としては成功しやすくなります。

持ち込みを選択するにしても複数業者での査定をしよう

人によっては持ち込み査定の方が有利になる場合もありますが、持ち込み査定を選択する前にまずは車売却の一括査定を利用して複数業者からの査定を受けましょう。
そして、持ち込み査定で売却するか一括査定で選んだ業者で売却するかを決めるようにしてください。

持ち込み査定のメリットが上回ることが少ないので、持ち込み査定の方が有利になるかどうかを確かめるためにも、一括査定で複数業者からの査定を受けておいた方が車の売却に有利になります。

一括査定を利用した複数業者からの査定を前提としているのなら、持ち込み査定で先に査定額を聞いておいても構いませんが、その場合でもその場で売却を迫られたとしても決して応じないようにしてください。
今ではほとんどの車買取業者は持ち込み査定を選んでも強引なことをする事はありませんが、気が弱い人などはそうでなくとも断り辛い環境に感じやすいので、不安であれば一人ではなく複数人で持ち込み査定に行くことをオススメします。

【中古車を高く売る際は一括査定をしよう】

オデッセイが24万円を査定額アップ
【年式】2004年
【走行距離】45,000km
【査定時期】2014年10月

上記の例の他にも、様々な査定額アップ事例があります。
数十万円単位で高く売れる事も珍しくはありませんので、中古車の売却を検討している方は試してみる事をオススメします。
無料で、最大8社から一括査定を受ける事が出来ます。

⇒1分で出来る一括査定はコチラ

▼ ▼ ▼ 地元業者から有名業者も参加しています ▼ ▼ ▼ 一括査定の業者1 一括査定の業者2