この記事の所要時間: 234

死亡した方の車を売却する方法

自動車は一台一台それぞれに所有者があり、企業であったり個人であったりします。
例えば、リース契約の場合リース会社が所有者となり、ローン購入した場合ではローン会社が所有し、銀行ローンを組めば銀行やその保証会社が所有となり、法人として導入される車の場合、法人名義となるでしょう。

法人ではなく個人の車の場合で所有者である車の持ち主が死亡した場合、その車はどうなってしまうのかという疑問を抱く人も多くあります。
ここからは、個人の所有者が死亡した際の車の売却ついてお話を進めます。

所有者が死亡した際の車売却

車は耐久消費財としてありながら死亡時には財産としてみなされ、車検証記載された所有者の相続資産となります。
その際には相続車両という言い方に変わります。

金融資産同様、死亡時点で相続資産として計算され、相続が決定するまでは勝手に処分する事は出来ません。
この車を売却する際にはある一定の手続きが必要となります。

必要書類は?

通常の売却であれば、買取をする際に業者が全て揃えてくれます。
しかしながら、相続車両では死亡した事が分かる証明書、相続人証明書と実印、遺産分割協議書などが必要となり、買取る側も所有者が死亡している車の買取は原則として行ってはいけません。
戸籍謄本には死亡した人との繋がりが分かる証明書となるため、最も必要な証明書となります。

ただ、相続状況や価値の高い車の場合などで相続として条件も異なります。
相続人が一人しかいなければ良いのでしょうが、2人以上の場合遺産分割協議となります。

例えば、価値が低い車で抹消登録をする場合でも、一度相続人の名義に変更してから手続きを行います。
ただ、抹消登録するような車でも、専門の買取業者により低い価値ではありながら買取をしてくれる場合や、自賠先保険料や重量税等の還付を受けられる場合、その還付金等が相続の対象となります。

相続となると複雑化するため、司法書士や弁護士に依頼するケースも多いですが、このような法律家に依頼する場合には委任状が必要となります。
相続人が複数おられる場合は、全員の理解を得て遺産分割協議書に署名捺印を求める必要があり、複雑となるため相続の問題に強い法律家に依頼するケースが多いようです。

弁護士の場合着手金や報酬が高めで、相続資産額に応じて報酬も異なるため、一般人の多くは報酬の低い司法書士に車の相続の問題を依頼する事が多いでしょう。

詳しく分からない場合は、買取店などで死亡した人の車の売却方法についてノウハウを持ち、所有者と相続の関係性で、相続人に合った最適な方法の手続き方法を教えてもらえます。
問題となるのは、いかに高く売却出来るかであり、相続である以上少しでも高く売却する事がベストです。
そのためにも、複数の買取業者に相談して互いの査定見積額を比較しなければなりません。
これにより、互いの買取店が競合し合って買取価格を吊り上げますので、一括査定は非常にオススメとなっています。

【中古車を高く売る際は一括査定をしよう】

オデッセイが24万円を査定額アップ
【年式】2004年
【走行距離】45,000km
【査定時期】2014年10月

上記の例の他にも、様々な査定額アップ事例があります。
数十万円単位で高く売れる事も珍しくはありませんので、中古車の売却を検討している方は試してみる事をオススメします。
無料で、最大8社から一括査定を受ける事が出来ます。

⇒1分で出来る一括査定はコチラ

▼ ▼ ▼ 地元業者から有名業者も参加しています ▼ ▼ ▼ 一括査定の業者1 一括査定の業者2