この記事の所要時間: 240

車売却の修理

車売却では、下取りか買い取りかのどちらかの方法となります。
新車を買ったディーラーに下取りをしてもらい、その分を新車の値引きに充てるという方法を取る事が多いのですが、その方法と買取業者に買い取ってもらうのとでは価格に大きな差が出てくるのです。

下取りなら新車を購入する所と同じディーラーで下取りの契約まで終える事が出来て、そのまま新車と引き換えれますので「車がない時」を考える事がありません。
しかし、ディーラーはあくまでも車を売る事が専門で、下取りに関してはその時の相場を基準として、傷などのトラブルを差し引いた額で査定されます。
買取り業者は基本的な相場に加え、部品一つ一つの価値や人気の車種などを見抜いて査定されます。

買取り業者は買取が専門なので、車売却のルートが沢山あり、売却しやすい環境となっています。
そのため、下取りよりも買取りの方が高く査定してもらえる可能性が高いのです。

以前は新車を購入したディーラーで下取りをしてもらうケースがほとんどでしたが、今は買取業者が増えた事もあり、車売却時は買い取ってもらうというケースも増えています。
それでも買取り業者の中でも査定額が変わってきます。
車売却ルートや方法、地域などによってもずいぶん変わってくるのです。

たとえば、地方などの軽自動車に得意な地域もあれば、ファミリーが乗れるようなワゴン車が売れやすい所があります。
海外に車売却するルートを沢山持っている業者もあれば、独自で車を整備してリニューアルして中古車として販売出来る業者もあるわけです。

買取り業者にはそれぞれの特性があるので同じ車でも査定額に差が出てきます。
そのため、買取り業者で車売却をする時には一件の業者ではなく、複数の業者に査定をしてもらう事が少しでも高く査定をしてもらえるコツです。
また少しでも高く買い取ってもらうには、見た目にも綺麗な車である事が大切です。
社内の掃除や洗車はもちろんのこと、小さな傷や凹み、サビなどは自分で修理出来るならする方が良いでしょう。

売却前に修理すると損をする!?

しかし、修理にも注意が必要です。
小さくて色を少し塗るという程度なら自分でしても良いのですが、大きな修理は自分ですると余計に汚くなったり、修理屋さんに依頼しても結果的に多額の費用が掛かってしまうという事にもなりかねません。

また、修理の履歴も残ってしまいます。
査定前に修理をするのはあくまでも小さな傷にとどめておくようにし、査定額は下がってしまいますがそのままの状態で査定をしてもらう方が良いのです。

一括査定を利用してより高く売る

査定は複数社に依頼をするという事ですが、一つ一つの業者に逐一車を持って行って査定してもらうのは大変です。
今ではインターネットで簡単に複数業者に査定をしてもらえる「一括査定」という方法があります。

車種や年式、走行距離などを入力するだけで、およその査定額を出してもらう事が出来ます。
その中で少しでも高く査定をしてもらえる所で、実際に車を見てもらって詳しい買取価格を示してもらうと良いでしょう。

【中古車を高く売る際は一括査定をしよう】

オデッセイが24万円を査定額アップ
【年式】2004年
【走行距離】45,000km
【査定時期】2014年10月

上記の例の他にも、様々な査定額アップ事例があります。
数十万円単位で高く売れる事も珍しくはありませんので、中古車の売却を検討している方は試してみる事をオススメします。
無料で、最大8社から一括査定を受ける事が出来ます。

⇒1分で出来る一括査定はコチラ

▼ ▼ ▼ 地元業者から有名業者も参加しています ▼ ▼ ▼ 一括査定の業者1 一括査定の業者2